【ゴルフカート】電動式のカート能力テスト

修理のコツ

電気式カートの場合、電気の表示を見てもよくわからないと思います。スマホ、携帯も電池のレベル表示しか見ません

スマホであれば、モバイルバッテリー接続したまま、充電したまま使えます。電気式のカートは、充電しながら走行できません。

バッテリーの性能が、1回の充電で走れる距離に比例してしまいます。「電池の持ちが悪くなった」携帯でも買い替えの目安にしたりします。

電気式カートの点検は、バッテリーの性能テストをします。

フル充電から、モーターで走行出来なくなる所まで負荷をかけます。電圧測定すると、48V仕様の場合は42V以下で走行不能になります。テストでは、維持できる時間と電圧を測定して、良否判定と著しく弱ったバッテリーを選別出来ます。

テスト項目

  • 充電状態確認
  • 充電終了の直前、温度測定と電圧測定
  • 各セルごとの比重測定
  • ディスチャージ(電気負荷を与え、時間を測定)
  • 各バッテリーの電圧差を確認

バッテリーテストの受付

36V/48Vの能力テストを行います、1台からでもお受けいたします。お問い合わせよりお申込みください。

まとめ

バッテリーを修理することができないので、交換するしかありません。長持ちさせる方法としては、マメな充電より使い切る位からの充電がいいと言われてます。

でも途中で動かなくなってしまうのは困るので、何時も満充電から使いたくなるのは頷けます。

あとは、バッテリーの性能に差があるので、評判の良い所を選んで買いたいですね。最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました