ミヨジじいじいの農作業/緑化機械フルスロットル/役立つカートとEV農耕車

マキタ背負い式ブロア メンテFL500 バックパックブロアー

2019/05/12
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

定期のメンテナンスします。やれば、作動期間が確保されます。年中使うものは、しっかり見ておきたい。

消耗品を交換します

燃料キャップと燃料フィルター、燃料ホース。エアエレメント、費用は数千円以内に。

調整を戻します

使う方や、季節によっては調整したくなります。以外にも、戻すことを意識していない場合を見受けます。純正のよくできてると思うのは、調整をわざわざする事無く使えている。

やりがちなこと

何だか調子悪い→調整できそうだ→良さそうだ→そのままで次に調子悪いと分からなくなる。

調整は戻し、他にも不良の箇所は無いか確認します。

気になるところに

  1. フレキシブルのパイプ亀裂
  2. スターターロープ送り出し
  3. サイドフレーム
  4. 背当てクッション
  5. エキゾーストのカーボン除去

以上を作業します。

お伝えしたいこと

パーツ供給のストップが掛からないうちは、使ってる行けると思います。大事に使うと言うよりも、キッチリ管理したら「気にせず普通にいつも通り」が長く続きます。是非、永く使えるようにお願いします。フィルター透過の動画もアップできました、是非納得して下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 緑化機械メカニック、狂草極 , 2019 All Rights Reserved.