ミヨジじいじいの農作業/緑化機械フルスロットル/役立つカートとEV農耕車

EV農薬散布車両を計画 ゴルフカート中古で? 

2019/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

EVとは、電気自動車の事。車両のバッテリー利用してスポットの薬剤散布をしたい。持ち歩きの加圧式散布機を使ってないですか?楽で効率的なものを制作したいです。

電池式の散布機

パナソニック製の電池式散布機

より効率的により楽に作業。手による加圧タイプから、電池式へ。更に容量も大きく、車両搭載の可能なタイプへ

SHURflo エレクトリックポンプ DC12V仕様

Shurfro ポンプ装着!走って止まって散布して

ClubCar Turf252 に搭載 電源は、ワイパーオプションの兼用

車両に搭載したが、改善が必要

移動しながら、木の周りにシュッ。気になる雑草へシュッ。移動しながら、散布できるので非常にらくで効率がいい。

ウィークポイント

 

カートの構造上、停止中はエンジンストップする。アイドリングしていないので、スプレー時にバッテリー使い。

走り出す時に、スタートモーターがバッテリー電力を消費してしまう。

停まっては、スプレーを繰り返しすることからバッテリーの寿命が早くなってしまう。弱いスタートで、スパークプラグもカブってしまう

EVカートへの搭載計画

カートへ専用のバッテリーから電源を取ったとしても、個別の充電が必要になります。EVなら、コネクター1本差し込むだけです。

充電の手間が省ける、エンジンへの不調原因も排除できる願ったり叶ったり。

制作での課題

車両の確保が難しい、日本での主流はエンジンタイプなのでEVは少ない。

  1. エンジンタイプからのシステム総入れ替え、費用が高い(非現実的)
  2. 48vから12vの出力方法

お伝えしたいこと

不要になっているEVのご連絡頂けたら、問い合わせより御一報お願いします。Ebayやオークションも検索してますが、出てきてくれません。48vから12vへの変換は、DCDCコンバーターの24v−12vを考えています。並列接続し個別への負担を軽減します。

トライアンドエラーはあると思いますが、完成に向けたイメージは良いです。進展したら、発信していきます。応援、問い合わせも宜しくお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© インフォレストジャパンのブログ , 2019 All Rights Reserved.