庭で使う草刈り機の手入れが、芝生の成長に影響あり【2つの注目点】4~5月

RYOBI LM-2810 リール式芝刈り機芝管理

知らず気にせず刈ると絶対にやらかします。芝生に求める景観美、青々した夏空の下が無残な枯れ芝生、白い芝生へ

少し刈ったら、一度止めて確認欲しいです。芝のカスを見たり、芝刈り前後を比べる。

芝カスの切り口

何故か?と言うのがここでまとめる【刃の切れ味】と【刈り高さ調整】が適切かどうかの判断になるからです。

緑機メカ
緑機メカ

短い芝OK、茎がないOK、切り口の断面が鋭利OK。

芝刈りが楽しいのは、五月晴れの心地良い季節。芝生の成長はまだまだ、梅雨過ぎて真夏も旺盛です。

今一度みなおして、これからの刈り込みへ役立てて欲しいです。

刃の切れ味がまず大事、【調整、研磨の動画】もチェック

リョービ 芝刈機の手入れ【刃合わせ】バックラッピング
この機械は、逆回転機能付き。研磨をすれば、切れ味が復活。 きれいな芝生は、良く切れて 良く刈る事がとても重要です。 【関連動画】 手入れ前のチェックについての動画もあります。 是非、綺麗な庭にしてください。 芝が白くなる現象の理由の一つとして、ブログも書い...

何か料理にも、包丁の入れ方で刺身の旨さが変わる。とありますが、正しくその通り、料理人は刃物の手入れを怠りません。プロの研ぎは大切な技ですね。

使う前に、確認できればいいのですが。気にせず使っていると思います。ちょっと刈ったら確認してください。

切られた芝カスや、刈られた芝の【切断線】を見た時の判断を画像で見比べます。よくない写真のギャラリーです。悪い見本として、見ておくといいと思います。

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

手を使い【高さ調整の判断】

最初は、何を言ってるんだか?意味が分からないかも知れません。手触りは、軸刈りしたか?硬さの感触が、わかりやすいです。

【刈り高さの調整】を確認する、注視する行動なんです。手から伝わる写真でじゃ、分からない。

蜜に生え揃った芝を適切に刈ると、フサフサのツンツンと程よいブラシを撫でる

軸刈りだと!更に硬さが際立ち、亀の子束子を超える太さや硬さを感じます。タワシの硬さが、境界線。

(白い芝のとき)【軸刈り】したら、刈り高さの調整を、上げてください。芝の刈る高さ1/3迄を目安に下げすぎないで下さい。

緑機メカ
緑機メカ

今年新たに芝を張ると、不陸整正できていません。リール式芝刈り機を使うと、軸刈りおこしやすいです。20mm以上をキープし、生えそろうことを優先させてください。

 

【動画】でリール式芝刈りチェックポイント

 

RYOBI リョービのリール式芝刈機。メンテと手入れ前に、先ずはチェック

まとめ

どうでしょうか?問題無かったら、そのまま刈り込みを続けてください。低く、そしてよく切れる刃なら、芝の匍匐茎は旺盛に成長します。密に生えそろう芝生は、緑鮮やかでとてもきれいです。また、雑草が生えるスペースもなく頻繁に低く刈り取られるので、雑草が生えにくくなります。

是非チェックして、庭の手入れを楽しんでください。最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました