中古原付スクーターを探してて、官公庁オークションを利用した事

バイクの事

お得にバイクが欲しいと思います。フリマアプリを利用したり、ヤフオクを利用してました。職業柄、自分でメンテナンスや修理することも好きです。気になるバイクがあり、初めて官公庁を利用した内容になります。

  • ブラウザからしか申し込めない
  • スタートの金額設定低い
  • 商品の説明がしっかり、入札のコツ
  • トラブル無し

官公庁オークションには、土地や建物までいろんなジャンルのものが出品されています。自分で引き取りに行とくこと。支払方法は、選べる。引き取り時間が平日の日中になる。条件もありますが、近くでしたらお得になるとおもいます。ヤフオクやフリマで探すときに気を付けてることは、こちらに書いてます

ヤフオクでもフリマでもいい、中古の原付スクーターが欲しい
できれば安いバイクをさがしたい、自分で出来るところは有りそうだと思ってる方は、いろいろ探しているんじゃないでしょうか?フリマアプリ、オークションといろいろ探して私も買います。私は悪い評価や普通の評価が今までつかないので、ソコソコ信用されたり

ヤフオクで残念なことがチラホラ

ヤフオクのシステムもよく変わり、最初から金額設定されて(オークションじゃないよね?)フリマアプリと変わらないなぁと思っていました。

出品もしていると、「高く売れるようにしませんか?」と良く分からない輩からコメントしてきます。日本人以外でダイレクトに取引したいGメールアドレス付きでコメントが来たりします。入札の時に最高金額入札者で終了時間までカウントダウンしたのに落札されないときに「何かカラクリがあるんだなぁ~」と思い残念だった事もあります。

通常にも告知が入ってきた

ヤフオクの検索条件で、他にもこんなのがある類似の告知で宣伝されてきました。サムネイル画像をクリックするとブラウザ(PC版サイト)の公売になっていました。バイクと車は、1つのカテゴリーなので300件ほど見ていくと、差押え品の(競り方式の)競売と公有財産の売却(競り方式)とがありました

官公庁オークション入り口

 

申し込みはブラウザから

入札申し込みには、保証金を入れる制度があります。申し込みにあたり、本人の情報入力やカードでの保証金支払いもカード情報入力などの手間があります。

保証金は落札代金からさしかれる

落札できない場合、カード引き落としされません。入札しなくても引き落としされません。

落札して代金支払期限を過ぎると徴収されてしまいます。

トラブル無し

私の場合、差し押さえ品でしたが市役所に申込期間中の下見ができました。入札前に見れたのは凄く良かったです。入札までの申込期間が長いので、都合も取れ平日に実物を見ました。写真を何枚も見るより、細部が確認できる。それで、納得の入札金額が決められました。引き渡しなどの段取りもスムーズでした、車両へのバイクを押し上げ手伝ってもらったり。対応も役所の方なので、丁寧だったのもいい印象です。

広告動画もありましたのでどうぞ確認ください

商品情報と入札のコツ

商品フォームに情報が丁寧に書かれてるので、個人の出品ですとフリマもヤフオクも「画像にあるのが全てです、画像で判断してください」と適当なことがない。確かな情報が掲載されてる、過去の商品ページは削除されるのでここで画像を張り付けて見せることはできません。官公庁オークションも過去のページが見れないので、開催に合わせしっかりチェックしてください。年間スケジュールも確認できますので、月初めに覗いてみるのもいいと思います。

入札期間になりますと、メールでリマインダー告知をしてくれますので忘れることもなくありがたいです。終了前の残り時間は案内がないので、自分で確認が必要になります。落札をしたいとき入札のコツは、札期間の最後の方に出してもいい金額をドンと入力、一発で決まる覚悟がいいです

時間で競りが終了します(ヤフオクは時間延長がある)。自動入札金額設定が基本ですからお薦めします。相手の設定金額が高いと、今現在の金額で入札しても相手のほうが自動で高く更新されます。

また金額を入力して→いいですか?と確認されて

→ぽちっとする前に終了してしまいます(時間切れの競り負け)。

逆に相手が何度も入力しないといけない状況にしたほうがいいです。3回入れても自分が最高金額入札者になれないと「ダメだ、高くなりそうだし辞めた」とあきらめることもあります。交互に金額の上塗りをしてると、ムキになり金額を競って予定した金額をはるかにオーバーしやすいです。安くお得にかうなら、「予定金額過ぎたら今回はあきらめる」のも手だと思います。高くなりすぎるとその分期待まで盛り込まれるので、実物見なかった場合など落胆してしまうことがあります。やっぱいらないと思っても、出品して元を取り返すこともできません。

まとめ

ポイントを箇条書きにすると

  • 月初めに官公庁オークション開催日程の確認をする
  • 開催前にリマインダーして、希望のバイクがあるか確認する。
  • ブラウザから申し込みし、入札は終了前にドンと金額入れる。

オークションも、終わるまでわからないドキドキ感があります。実際に入札までの手間とブラウザの条件から、競争相手は少ないです。ぜひお得にバイクを見つけてほしいと思います。最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

ヤフオクやフリマで探すときに気を付けてることを書いてるので是非チェックしてください。「ヤフオクでもフリマでもお得に中古バイク」

コメント

タイトルとURLをコピーしました