【草刈り機】刃の交換でナットと向きを注意。ついでに楽なアタッチメント

草刈り刃修理のコツ

ステイホーム、天気もイマイチ。なら、草刈りのメンテをしておこう!雑草はどんどん伸びて、刈らない訳にはいかないですね。

譲ってもらったり、買ったけど刃【チップソー】は、交換したことない。自分で交換しようと思ってる方へ参考になるようにまとめます。

交換に必要な道具を用意する

  • 【付属工具】は有りますか?プラグレンチ兼用になってます。主流は、13㎜BOXレンチを使います。
  • 【六角棒レンチ】空回りを押さえる棒。細いドライバー4ミリなら、使えます。
  • 【手袋】素手で怪我しないように手袋してください。
緑機メカ
緑機メカ

動画で説明してますが、作業にスパナとメガネレンチは向かないです。

交換が必要な状態か?確認する

チップソーという名の通りに、先端に硬いチップがロウ付けされています。石や縁石などに当ててしまうと、欠損してしまいます。1つ2つならいいですが、それ以上無いなら刃を交換します。

草刈り刃新旧比較

【左】チップが欠損【右】新品で先端が鋭利

ナットが緩められない場合に注意する事

  • 逆ナットです。つまり、日常で右方向へ締めていますがナットを緩める方向です。
  • 工具の問題、スパナレンチやメガネレンチは浅く斜めになります。力が逃げ、ネジをナメってしまい。滑る事で、怪我をします。
  • 最悪状態、ナットは丸く工具に力が入らない。対処と理由は後に【楽なアタッチメント】と一緒に解説します。

草刈り刃の交換を解説 使う工具も注意して欲しい

刃を付ける面の向きが判りにくい

使う前に、エンジンの動力で確認します。回転させます均一に回るか?これでずれていないか?確認できます。

緑機メカ
緑機メカ

刃が中心からずれて固定してると、振動が恐ろしく大きいです。手で支えられなくなります。

回転が止めるときにギザギザの埋め込みチップが、回転方向に対し前か?を見る

草刈り刃逆向き

 

逆向きで付けている場合は、なだらかな方が前になってる。(チップが先行しない)逆に当たるので、刈り込めない。全く草を切れないとは限らないけど、時間が掛かって疲れます。違いは、動画で見比べるようにしました。

草刈り刃チップソーの交換 【間違った場合】を解説

 

ナットカバー、プロテクターを変えるなら、ジズライザー

まずナットカバー、プロテクターが無くなってる。違うスペーサーがついてるか確認します。

新品比べられたら、よりハッキリ解ると思います。ナットがむき出しで、地面へ当ててしまうことを回避。

ナットを緩められなければ、刃を交換できなくなります。ギヤヘッドを新品に交換する必要が出てきます。

ナットプロテクター ナットカバー

ジズライザーがいいのは、大きいカバーを地面に落として良いのです。滑らせて刈るので、手で持つ重みが軽減されます。

持ち上げて高さを維持しなくていいのが楽になります。ナットカバーとして代わりに、保護できるのでありがたいです。

ナットむき出しでにならないようにノーマルカバー付けるなら、楽になる方がいいですね。

口コミも有ります

ナイロンコードも使えるタイプもあるんです。Twitterも情報あって、お勧め間違いないと思えてきます

最後まで読んで頂きありがとうございました、チップソー以外にもナイロンコードについて書いた内容もあります。お時間がある時に見てもらえれば幸いです。

草刈り機の標準は、チップソー。ナイロンカッターとナイロンコードの組み合わせもあります。
ホームセンターに行くと、いつもビックリしませんか?個人向けだけではなく、法人まで満足な品ぞろえが凄い!生活でのトラブルや困っても、道具も材料もそろって自分で全部できそうだ!なんて思ってしまいます。ここでは、芝刈り機のヒントになってもらいたい

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました