ミヨジじいじいの農作業/緑化機械フルスロットル/役立つカートとEV農耕車

三ノ倉高原スキー場のひまわり 2018年 渋滞について

2019/08/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

第二の故郷、喜多方。奥さんの実家からも、山の斜面にヒマワリが見えるんですね。感動とフォトジェニックで、サイトトップにも背景入れてしまいました。毎年見に行きたいです、春には菜の花畑も催されているみたいです。勝手ではありますが、渋滞緩和になったり、多くの方へ見に行ってもらいたいと思います。アイキャッチは熱塩加納総合支所産業課のサイトより

2019年8月18日最新情報開花状況はこちら

  • 時間でルート変更できたら、対策できそうなアイデア
  • 青空とヒマワリの構図で満足?!時間が変われば、違う顔を見せる
  • どきどき冒険気分の林道 道がね、、、、

テレビの影響が凄すぎ 渋滞で断念

去年2018年の帰省時に行きましたが、義理のおねぇちゃんが「渋滞が凄すぎて大変だよ。」そんなにすごいの??と半信半疑でしたが、駐車場まであと○キロの看板から全く動かなくなってしまいました。

「2~3時間待つよ」とお姉ちゃん。(ええぇぇ~~~~、長すぎだよ)

やはり子供たちは我慢できないし、トイレにも行けないので断念して戻りました。

渋滞はどうして起こるんだろう?

答えは、翌日の朝にわかりました。駐車場の大きさに以上の人気になっているんだろう。また車を駐車するのと、退車がスムーズではないことも挙げられます。

早起きして6:15には駐車場に停めれました。まだ、警備員の方も関係者も来ない時間です。一緒に行こうと誘った、奥さんが起きてこないのを置いてきたのが後ろめたかったです。(あとで、起きた奥さんに行ってきてと言えなくて。もう一回来たことは内緒です

人もまばら、涼しい時間に見たスケールは圧巻

明野のひまわり、座間市のひまわりとみたことがありました。ここで初めて見たのは、ヒマワリの後ろが雲海(朝もや?!)の隙間から喜多方の街並みが望むのです。「青空とひまわり」の構図はよくありますが、朝はまた違う印象でした。

駐車場から出るときに

出るときに、来た道を下って行けば帰れますが舗装された駐車場の前の道「逆へ進んだらどんな景色が見れるのか?」

「上の位置のひまわりかな?」なんてナビの地図も見ながら進んでいきました。

舗装された道もやや下りになり、「街へ戻れるのかな?」と進みますがナビの地図上に一本の線だけ。そしてクネクネして細くなって途切れて、、、、また細いクネクネ線

オイオイオイ、途切れるって!) 砂利道に変わり、対向車線もなくなる細い道になってしまいました。道も段々と林道とか山道のように木々がボーボーに伸びてるところを進んでいきます。夜は怖くて無理!ガードレールも無いところあったし!

知らない道を、独りの車で下る「ドキドキ感」まるで冒険してる気分です。

林道を抜けたら、緑のじゅうたんの中を抜けていく「夏の田園風景」を見ることができました。この景色もフォトジェニックだと思います。そして、喜多方の市街へちゃんと戻って来れました。

Google Map より抜粋 ここを下りました。

 

できそうなことは、、、

一番混む時間帯の、対向車線を含んだ「一方通行で、駐車場待ちとヒマワリドライブスルーを選べるようにしてしまう」

夏の暑いときに、渋滞でトイレも行けず待つのは大変です。せっかく来たけど、お腹すいたし「喜多方ラーメン」を食べるのも並ぶ。今日はやめとこうなんて、残念でなりません。

下からスキー場への分かれ道より、第二駐車場を通り、細い道を下り市街地に戻るルートにする。実は、車で下から登り駐車場へ入る前に、ヒマワリトンネルをくぐれてしまいます。(道を挟んで両側にヒマワリ広がっています)一方通行にしたとしても、凄いと思ってもらえます。

時間が許すなら、市街からも30分掛からないで来れます。朝や夕暮れの時間帯を狙って、ずらして来るのをお勧めしたいです。

↑時間アピールに、「あと○キロ、○時間」の看板に、フォトコンテスト候補や去年の作品で、朝や夕暮れも綺麗な写真を添えてみては?並んで全然動かないときに、「ほかの時間に来てみようか」と思ってもらえると期待。

熱塩加納総合支所のパンフレットより抜粋

 

考えられる対策アイデアと段取り

  • 警察への道路使用許可申請(県知事の承認が必要になります)
  • タクシードライバー、バス運転手から、市街地への抜け道の危険度を検証
  • 抜け道周辺の住民への、ご理解をいただく
  • スルーの方の為に、第二駐車場を避けた場所へ仮設トイレの設置。
  • 警備員による、←矢印看板を向きを合わせる。わかり易い順路の指示
  • できたら、ライトアップ(個人的にも新しいヒマワリの見方が楽しみ)
  • できたら、ロープウェイで上から眺める(新しいヒマワリの見方)
  • キャッチコピー「朝ラー、朝湯、朝ヒマ」の三拍子←センスは無いっす

最後にお伝えしたいこと

震災関係なく、毎年帰省しています。景色を知らなかったのは勿体無かったです。2018年には、観光客の訪れる方が震災前の8割に戻ってきたと聞きました。嬉しいニュースですね、ラーメン屋さんも賑わってきてます。直接、ヒマワリ畑に関わっておりません。関係者の方への理解が無いままの内容でしたら削除しないといけません。活動されてる方の、並々ならぬ努力に頭が上がりません。ご苦労様です、また見に行きますね。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。機械とは全く関係のない内容でした、旅行も好き、バイクも好き。出かける記事に「タイ旅行の観光客を狙った詐欺に遭遇」 気になったらクリックしてもらえればうれしいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© インフォレストジャパンのブログ , 2019 All Rights Reserved.