緑化機械の修理やコツ/珍しい緑化機械の事/EV(電動な乗り物)の事 /自家栽培の事

実録!海外で日本人の観光客を狙った詐欺を経験 inタイ

2019/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

ここで書かれている旅行記のあらすじ

  • 登場人物、だまそうとした二人 ブルネイ石油王? 関西弁??
  • {郷に入れば郷にしたがえ}と、微笑みの国で、微笑んだ出会い
  • 気づく前までの自然ないきさつ
  • まとめ

おじちゃん:豪華客船の自称ポーカーディーラー

おばちゃん:名前は思い出せないし、きっと偽名でしょ

ブルネイ石油王?サンプル画m(–)mキーマンは確か

関西弁?:サンプル画像ですm(–)m 謎があります

 バンコク滞在3日目

{The CLUB}への売り込みの為に、タイに来たことも理由の一つだった。夜のオープン前に、店の場所を確認しとく。クイーンズパークタワーホテルより徒歩圏なので、散策がてらプラプラすることにしよう。セブンイレブンもあり、ワンピースやらRAVEなどタイ語の漫画もある。握り寿司まで陳列されていると、日本文化を受け入れてもらってるなぁと感じた。大通りは日本メーカーの車もバイクも、朝のラッシュでごった返しクラクションの応酬。歩道を渡るのが怖い、渡ろうとする人のタイミングに任せるしかない。

ツアーガイドがくれたちょっと頼りない地図でも、店を確認することはできた。安心して、キョロキョロ周りを見ながら歩きゃ誰から見ても「観光客」丸出しなんだろう声が掛かるわけだ。「お兄さんタイ式マッサージはやったか?」 

英語圏?!のオーナーが言うならまぁいっか、昨日と今日もだいぶ歩いたし。せっかく来たから60分800バーツならお得だろう、施術おねがいした。ベテランの足は、かなり背中をほぐしてくれた。上機嫌になった私は「サワディークラッ!」と調子に乗って言うようになっていく。

サワディークラッ

スクゥンビットラインBTS プロンポム駅

  • 「THE BEACH」レオナルドディカプリオ主演の映画の影響(内容よりサントラが好き)で、チャーン島と言う離島{日本人に出会わないような秘密の島}へ行けないかと目論んでいた。運よく滞在中に週1便の国内線の予約ができた。駅の旅行代理店から、前のATMでお金を引き出したのだった。

「あら~失礼、中国人?日本人?」とニコニコ微笑みの国のおばちゃんが声かけてきた。

「サワディ~クラッ!日本人だよ」:順調な自分は、微笑んでました

「奇遇ね~、私の娘が新宿で働いてるの」と写真を見せてくれた。

「私の夫は、日本人なのもし時間があったら、家に寄っていきません?近くですから~」

何やら電話をして代わって話をしてほしいと

「どないでっか?今は仕事で動けへんけど、寄ってってやぁ~」:関西弁の人の声も聞いた、少し話をして「それじゃ、お言葉に甘えて行きますよ~」となった。先に、予約したフライトの支払いを済ませたいといい、タクシーに乗り込んだ

気づく前の自然な流れで タイ郊外の某所

タクシーの中で「タイ語も覚えたいんだよ」なんて話をしてた。BTS高架下の渋滞を進み、右へ曲がった。また大きい通りをひた走り、大きい分岐の手前を右へまがる。数百メートル行き家へ到着した。距離も時間も場所も定かではなくなってる。

庭付きのプールまである一軒家の中へと案内された。

「サワディクラッ。お腹空いてないですか?」と、微笑みの国のおじさんが出迎えてくれた。ありがたかった、チキンウィングと野菜の炒めものに、ライスとスープまで付く。さらに上機嫌に、リビングでくつろいだ。

*アイキャッチ画像はその時の写真だ、おばさんの膝にはパンフレットもある。

楽しませてくれようと、マジックやトランプを披露してくれた。

「僕は、豪華客船のカジノで働いてるよ。友達の日本人も、儲けさせてあげられるんだ」

と話しながら、日本人?!らしき写真を見せてくれる。

プロモーション目的だったこともあり、次回来ることが楽しみになってきた。場所を二階へ移し、トランプのイカサマを教え始めてくれる。

配るトランプの、数字を指で合図して大きい、小さいを練習する。

「すごいね、年末か年始にまた来るから、船に行かせてほしいよ」と話していた。

「ブルネイの石油王が、私に意地悪なことを言うんだ。チップもくれないし、嫌いなんだ。君が彼から、勝ってお金をもらってほしい」

「いいよ、次に来たらその人も教えてね」と話していた。

おじさんとおばさんが、そわそわしてる。「ブルネイの石油王が来たよ」

やられた!このブルネイ石油王の登場で気づく

狭い階段を人が上がるのと同時に、私は彼を押しよけながら下りて玄関へ向かう。ここに、石油王なんて来るわけがない!!一瞬で怒りの頂点に達した。

(薄紫にセカンドバック、思い出しても品祖だ。)

鍵のかかった玄関を開け、門の前に来る

「どうしたの?何があったの?」

「I GO BACK!OPEN THE GATE!!」

門を蹴り、右手は既にグーを顔の前に出した。

「何言ってるの!タクシーにも乗って、ごはんも食べて」

「&’$%$”YP()U)HLGUKY?*>_?+L~=`~」何を自分は言ってたか忘れた「この~!ふざけんじゃね!いいからあけろよ!」は言った。

門は開けてから、来たであろう方へ歩き出した。すぐに、横へ車が来ておじさんは言う

「わるかった、車で送るから乗ってくれ」

もちろんこの時に、どこへ連れて行かれるかわからないと思い走り出した!来たであろう道を大通り目指して!

振り向かずシャッターだけきり、車のナンバー写らないかな、ここを覚えようとも思った。

まとめ

  • 挨拶でかわす言葉は、すべて情報集の為
  • 日本人もグルで、写真を使って安心させる
  • 微笑みの国でもいきなり仲良くなれない。

この旅は、忘れることがない思い出になってる。けして、タイが嫌いになったわけではない。また機会があれば訪れたい、そして次は他の手口にやられないようにする。ぜひ一人ではなく、友人や家族と楽しい思い出を作りにいってほしい。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ☆緑化機械メカニックの☆ブログ☆ , 2019 All Rights Reserved.