ミヨジじいじいの農作業/緑化機械フルスロットル/役立つカートとEV農耕車

ハスクバーナーゼノアSGC-Aバリカル コマツゼノア SGC2310DLW- EZ

2019/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

今は、ハスクバーナ・ゼノアです。あえてこの名前も添えて書かせていただきます。1台二役な高性能です。今回公式キャンペーンがあり、広く拡散してほしい商品です。まず、同じ機構の商品が無いことから、特許取得済みと認識しています。この日本クオリティをブログを通して発信できることを嬉しく思ってます。

ここで発信する内容

  • なんで1台二役なのかSGC2310DLW-EZ?
  • キャンペーンSGC-Aバリカル
  • 替え刃もローティションできる
  • 交換やローテイションの注意とやり方
  • 交換の動画もアップ
  • 気になるカルマ―

なんで1台二役なのか?SGC2310DLW-EZ

二役と言うのは、エッジカッターと呼ばれる縦へ刃を入れて、切り込んでいく機械バリカン式芝刈り機として、横方向で地面と平行の刈り込み、この両方ができるからです!石の跳ね返り、チップソーのチップ破損と飛散も無く仕事をします。

実はその重さから 先のヘッド部分だけの 交換ができたらなあと思いました しかし 振動を支えるだけの パイプの径シャフトの太さが違かったんです

SGC-Aバリカルキャンペーン2019年よりヘッド販売 しかもワンチャンのお得

SGC−A(バルカル)のネーミングで、しかも価格を大きく抑えています。各刈払い機に対応しての販売です。ゼノア社公式キャンペーンのリンクここをクリック(キャンペーン終了しました)

ちなみにSGC2310DLW-EZは

ヘッド価格46000円と、本体価格90,000円ですプロ仕様と耐久性を考慮しても、決して高い金額ではありません。また1台二役を考えると¥30000の刈払機と¥50000エッヂカッタを一度に使いこなせると言えば、かなり素晴らしい高性能と言えると思います。いろいろ台数の機械を下さなくても、1台ヒョイと肩にかけるそれだけです

替え刃交換ちょっとまって、ローテイション!

180度のローテイション、すなわち高くない替え刃 1セット¥4000相当ですが、1枚に換算すると¥2000。そして、1回ローテイションで2回は使える(¥2000/2=¥1000円の刃と変わらんじゃん)全周360度バリカンの刃、しかし縦でも横でも使うのは180度だけです。

なんだか、高いとは言えないんではないですか??いけるところまで、とことん使いましょう

不具合の修理事例と作業動画

別の記事で、動画の追加と作業をまとめました(ここをクリック)ぜひ見てください。

交換やローテイションの注意

 

  • 手袋必須!作業するときには、保護手袋を着用してください。この刃は、薄くよく切れるので素手で作業すると怪我します。私も、一度うっかりシュパっと手を切りました。カッターの刃を扱うんだと意識するくらいがいいと思います。チップソーは、固いチップで決して鋭利で無いので油断します。
  • 固定をする!取り付けのネジを緩めたり閉めたり、力を入れます。左右往復運動をするので刃を抑えつけたくなってしまいます。怪我をしないように押さえつけには、万力を使ってください。無い場合は、不要な布地を重ね合わせて抑えるようにしてください。
  • シンバル形状!刃を二枚合わせで使います。縦へ土の中、砂の中使えるので隙間から、中へ泥や砂が溜まってしまいます。「バリカン動作しなく、エンジン回転を揚げても動かない。エンストもする」、こんな症状の時は泥や砂の堆積で動きを制限してると考え掃除をしてみてください。その時も、刃が減っていれば交換ローテイションをお願いします

使用例の動画

 

気になるカルマー だけじゃないMUSOU

アタッチメントだけで言えば、カルマーというバリカン式の交換アタッチメントがあります。ゼノアは重さがやはりSGC2310DLW-EZはありました。高枝バサミと高枝ノコギリに変わる、チェーンソーのアタッチメントも気になってました。いろいろ刈払機一本で使えるのも魅力だと探してしまいました。そんな時にカルマーを見かけ、つかってみたいとおもっていました。今回バリカルが価格を抑えて発売したことから、カルマーへの意識があったかもしれない?!と思ってしまいます。

新発売とあるように、機構の構造がどうなってるか気になります。けして「どれでも使えるように、大きさ変えただけじゃないの?」とは思いません。開発で、小さく作ることは日本のお家芸ですがそれでもSGC-Aより以前は太く、汎用品でなかったからです。更なる改良に全力を尽くされていたんではないかと思います。

2019年6月に正式に「無双MUSOU ツインブレード」発売になりました。三陽金属株式会社より発売です。こちらの会社も、便利な機械を開発されてます。エルバBナイロンカッター利用しています。ナイロンカッターの記事はこちら

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© インフォレストジャパンのブログ , 2019 All Rights Reserved.