燃料コックは、3つも機能を備えてる物もあります【中古農機具エンジン修理】

燃料コック農機具エンジン修理のコツ

バイクに付いてるコックとはちがいますね、改めて確認しても損はないはずです。機能を知っておくと、トラブルの対処が可能ですね。

多機能コック【例:三菱メイキGM301P】

 1つ目は、コックとしての燃料通路の遮断です。設置される事によって、コックより下流のキャブレーター、修理が容易になります。コック自体のメンテナンスもできます。メーカー説明書にも、保管する時にはコックを閉じるとあります。燃料のかぶりの防止にも約立ちます

 2つ目は、ガソリン(油分)と水を分離する、セパレーター(分離装置)の役目をします。「油は水に浮く」この作用を利用します。水分がキャブからエンジンへ吸い込まれると、鎮火消火になります。タンクからコックへ入った燃料は、溜まっていったら、上から排出され次にキャブへ送られます。なので、コック下部で【重く沈む水】と【浮くガソリン】に分けてもらえます。

 3つ目は、フィルター機能があります。コックの出口手前に、目の細かいメッシュがついてます。ゴミや異物が、キャブに入らないような仕組みになってます。

【動画】燃料コックの分解や仕組み

機械のキャブをオーバーホールと考えてしまいがちです。しかし、他の要因もある事。全体を見えてるか?大事になってきます。

緑機メカ
緑機メカ

コックは、¥1800。キャブは¥10000越え故障原因を間違えて、高い出費にしたくないですよね

作業の補足

  •  注意点があります、ゴム製品のパッキンが入っています。経年劣化で、変形します。ゴム質が固くなります。強く締めても漏れを起こすなど、再利用が不可能な場合がほとんどです。使いたいからと、無理をして漏れたままで使わないよにしてください。火災を引き起こす危険があります。
  • パッキンを交換する時に、メッシュ状を変形させてしまわないように。フィルターとしての役目にならないです。
  • アルミの鋳物で作らてた製品です。横方向や衝撃にも弱いです。プライヤーを使いましたが、力加減で折れてしまう事があります。ホースも無理に抜こうとせずに、ホースのゴム質が硬かったり亀裂ひび割れがあるなら交換して下さい。引っ張らず、カッターで切り込み入れます。そうすれば、楽にホースも外せます。パッキン同様に、漏れは危険です。エアーの吸い込みしても不調になります。
緑機メカ
緑機メカ

硬いホースは、マイナスドライバーやピックで隙間を作って抜く。ダメージが出るのでクリッププライヤーで、またロングノーズプライヤーのテコの原理を使って抜いていくと良いです。

ホース取り付けの向きが違う、と思って回転させないでください。組み立てると、接着不具合で燃料が漏れて危険です。見た目が似てるので、間違えて注文しないよう気を付けて下さい。

キャブにコック付き【HONDA  GX200】

燃料フィルターは、何処に?

  • HONDA GX200燃料フィルター

 コックの清掃では無く、燃料タンクを空にします。取り外してからでないと、フィルターの分解交換と出来ません。

 また、HONDAホンダのエンジンの純正部品を個人へは売ってくれません。ネットなど互換性ある物で対応になってしまします。

 SUBARU FX13スバル(富士ロビン)のエンジンもホンダと同様に、タンクの底に燃料フィルターがついています。

さいごに

燃料コックやフィルターが原因の事例もあります。合わせて、確認して下さい。最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました