ミヨジじいじいの農作業/緑化機械フルスロットル/役立つカートとEV農耕車

リコイルスターターの紐交換 仕組みとコツで簡単に基本をマスター 

2019/11/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

ブチィッ!!!いきなり紐が切れる。これって「さぁ、やるぞ!」って時になるとやる気がなくなりませんか?ここでやり方覚えてもらって、あとはもうチェーンソーでも刈り払い機でも何でも大丈夫!ってなってほしいです。小さいエンジンの付いた機械は、みんなリコイルスターター式です。3つの章でまとめたいと思います。ついつい長くなってしまうので、関連することも順次まとめます

  • 裏って誰でも気になる!リコイルスターターの紐が切れた、裏でいったい何が?!
  • 固め、太目、濃い目ってラーメンじゃないよ、紐のことであります
  • 紐の巻き方、交換みてみる

 

裏を見ながら、紐が切れるその瞬間

自分で切るなんてアホ!と言われそうですが、ちゃんと理由を持って切ります。だから全然問題ないんですな

 

 このままだとやりにくい

 

握って引っ張る、手前のレバー付近が切れたら「紐なんか交換しないで、いけるんじゃねぇーか?!」と思います。

穴から、とりあえず紐だしてレバーに取り付けてヨッシャ!→引いたはいいが、スプリング機能が無いままつけただけ。だから紐が戻らないいです。

→「それじゃあ、1回逆へ回して巻き取ってみるか」←それやっちゃダメ、一方向で、バネ巻いてるから。引っかかる爪を折っちゃう!もう紐だけで済まなくなっちゃう

ジョンディアフモア220C参照

 

細め、柔目、薄目の麺、じゃなく紐にしてみては?

お好みでラーメンは選べますね、紐も実は選べますよ。ただそれはカタログ上の純正の物じゃなくなります。

スターターの紐は、カタログ探してメーカーに注文しなくても大丈夫!ホームセンターや機械取扱店でしたら、200m巻きドラムで置いてあります。1mから切り売りしてくれます、当日中に自分で修理、紐の交換できます。

紐を選ぶ基準

刈り払機、噴霧器、トリマー、チェーンソー、発電機、耕うん機、とあります。1種類を長めに持ってれば、毎度毎度買いに行く手間が省けます。

紐の太さ長さはどう選ぶ?

発電機のひも、太くて5mmありましたね

マルチな3mm細いが、巻いたり交換に扱いやすい

 

4mmのロープも売ってます。太い紐の方が力が入りやすい。(ピストンが上死点へ向けて、圧縮していく工程で紐に抵抗力がかかります。細いと、伸びます)。

取り回しも関係上、真っ直ぐ引けないとカバーの穴で、擦り切れ易いです。擦れてる紐は毛羽立ち、引いた後の戻り抵抗で紐がだらんとしやすいです。

経験上のお勧めは3mmの10m持っておくといいです

  • マルチにいろんなエンジンへ使える、紐もカバーの穴を通りやすい
  • デメリットは、グリップやストッパーの穴を抜ける可能性←でもワッシャーで補強ができるから大丈夫

 

「すぐ切れんじゃねーの」と思われますが、定期的に点検の項目へ「紐交換」なら予防できます。閑散期に点検してますか??

目で見て、固く締まってるひも、毛羽立ちがひどい、黒く汚れがひどい。←交換目安です、使いたいときに切れる心配もありません。

新しい紐を巻いて、戻しましょう

長さも大事ですね、短ければ始動性が悪く、何度も何度も紐を引くことになりま(もはや筋トレ状態)

  • 最低でも、自分が立つ位置とエンジンの距離以上の長さが必要ですね。
  • 最大は、紐を巻くスプールからはみ出さない。カバーへ組み込めなくなります
  • ついてた紐で、長さを合わせる←これが楽

 

右は×、抜ける!左のコブ作っていく

紐はスプールへ左巻きしていく

 

ここまで準備ができたら、動画で確認する

 

最後に

 

リコイルスターターのトラブルって、紐だけじゃない!中のスプリングや珍しいクランクの問題もあったりします。順次、内容をまとめていきます。基本的なことですが、時間がたつと「あれ?右だっけ?左だっけ?」ってまた調べ直さないといけません。ブックマークしていつでも見れるようにしておいてもらえれば、時短になります!お疲れ様です、さぁエンジンが掛かりました!気合い入れていきましょー。「リコイルスターター紐が戻らない3つの理由」←こちらも併せてチェックしてください。

紐を交換の時に、注意してても中の「リコイルスターターのスプリング、バネがびょーんって外れて、どうしよぉ!?」←バネも戻せます、チェックしてください。

緑機メカ/turf equip mech

最後まで読んでいただきありがとうございます。珍しいリコイルスターターのトラブルもおいおいまとめたいと思います、コメントいただけたり、シェアしてもらえると励みになります。よろしくお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© インフォレストジャパンのブログ , 2019 All Rights Reserved.