緑化機械の修理やコツ/珍しい緑化機械の事/EV(電動な乗り物)の事 /自家栽培の事

空冷エンジンのオイル交換 草刈り機で重要なの?

2020/01/21
 
エンジンオイル交換
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

入れるオイルも、ゲージを引っ張って見たオイルも 良いのか悪いのかは、見ただけじゃ何だかよくわからない。定期的に交換するって、もう整備士時代から当たり前すぎてちゃんと考えてなかったです。

オイルの量や汚れを見てるか?

開けて中を見ると、その違いは明らかです。交換する前とした後これがわかると納得できると思います。また、オイルフィルターの設置がないエンジンは致命傷になってしまう恐れがあります。オイルで潤滑と冷却を兼ねてるので、ろ過されず使われると機械損傷を起こします。

エンジンオイル劣化具合

オイルの交換前後で違い

年数経ってくると、あちこちメンテナンス費用が掛かります。ベアリング、ゴム製品の経年劣化は避けられません。エンジンの修理代は、最悪のアッセンブリー交換だとしたら諦めることになってしまいます。小さいことですが、オイルは変えて欲しいと思います。

振動計が無いので見える化しにくいですが、振動は小さくなり作動音も小さくなります。

あ、調子を取り戻したんだと実感できます。修理して直ると、感謝されやすいですが定期交換は普通なこと。

オイル交換の時に合わせてやっておくといいこと

交換の作業は、エンジンを始動して温まった後におこないます。そのエンジンを掛けてるときにお勧めしたいことは、キャブクリーナーやエンジンコンデショナを使い燃焼室内のカーボン蓄積の除去

スムーズさを欠いたり、回転や冷却など負荷がかかる時には、燃焼の効率が下がり未燃ガスの堆積(カーボンの堆積)します。燃費や調子、始動性が悪くなるのはカーボンに気化した燃料が吸着しやすいことです。さらに悪循環に落ちやすいのでやっておいて損はないです。




最後に

使う人が、ご自身で交換作業すると納得することがあると思います。また維持費の節約になり、愛着もでてきますね。ちょっとした変化や不具合の異変に気付けたりします。

使う以外の全てをを任せてやってもらってると、意味あるのか?と思いますが、不安や苦情なく使う人がストレスないように願って作業します。

ご自身で作業しようとすると心配かもしれませんが大丈夫です。当たり前のことをしていると思い、不安無く堂々といきましょう。気持ちは前向きに、難しいと思えることも出来るようになります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ☆緑化機械メカニックの☆ブログ☆ , 2019 All Rights Reserved.