緑化機械の修理やコツ/珍しい緑化機械の事/EV(電動な乗り物)の事 /自家栽培の事

E-Z-GO RXV ゴルフカート修理 秘密のやり方 パート1

2019/11/13
 
ゴルフカート
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

メーカーや代理店の方は教えてくれません。純正以外の修理はタブーです、私自身もディーラー勤めの時にはしませんでした。ただ、管理する経費は安くしたい。その方法の一部を書きます。

最初に注意事項

 

マニュアル通りにやることは大切です。最初に書かれていることは、注意や警告文です。危険なこと安全に留意すること、怪我等の恐れが有ること。この事を大前提に承知した上で、行うようにしています。

また、保証期間内で適用の範囲が定められています。保証されなくなる場合もありますので、確認と判断をしてから行うようにお願いします。

破損部分について

 

前置きが、長くなりました。ここで、写真を見てから説明致します。

画像

チャージするコネクターです、プラスチック製品の為に衝撃で破損しました。

部品の仕入れ

純正のパーツカタログ上は、車両差し込み〜充電器までの一体型で供給されています。その費用は、何万円もしてしまいます。「高いなぁ」と思いますし、他にも使いたい予算を使うわけに行きません。それでどうするか?

輸入調達する

インターネットを使えば、日本だけではなく海外から調達。ここで、大きなハードルに当たります。しかし面倒でも安く仕入れるには、視野を広げて他の方法を考え試すしかありません。自分で探し購入できれば、費用は数千円。純正の1/10で抑えられました。

お伝えしたいこと

1つの事例でしたけれど、何時も同じところが破損するとは限りません。機械が古くても、新しくても。メーカーが違えども、考えより良い方法を見つけます。読んで頂いた方へのより良い情報を発信します。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
★ミヨジじいじい:相模原の元消防士、畑仕事や庭木剪定、日曜大工をすきでやってもう30年。昭和の親父は、昭和歌謡曲も好き。釣りも料理もだいたい自分でやれる人// ★緑機メカ(ブログ書く人):↑の息子 D車の元国際認定故障診断士、今は緑化機械のメンテナンス、修理。釣りも料理も大体自分でやれる人、興味がわくと直ぐにやりたくなる。映画やバイクも好き

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ☆緑化機械メカニックの☆ブログ☆ , 2019 All Rights Reserved.